« ベクトル計算機による論理型言語プログラムの高速実行をめざして -- 各種 OR ベクトル実行方式の実現と性能 -- | メイン | Advanced Vectorization Techniques for Supercomputers »

大域配列データフロー解析法

金田 泰, 石田 和久, 布広 永二, 情報処理学会論文誌, Vol. 28, No. 6, pp. 567-576, 1987.

[ English page ]
[ PDF 版論文へのいりぐち (IPSJ) ]

要旨: 配列参照どうしのデータ依存関係としてフロー依存,出力依存および 逆依存があり,これらをグラフ化したのがデータ依存グラフである. 配列参照どうしのデーク依存関係は,従来,各配列参照の添字を 比較してその結果から直接もとめていたが,この方法ではプログラムの 制御構造を反映したデータ依存関係をもとめることがむずかしい. 筆者らは,多重ループの添字を解析することができる添字比較法と, 到達定義 (reaching definitions) や露出使用 (exposed uses) を もとめる変数の大域データフロー解析法とをくみあわせることによって, 条件文や多重ループなどの制御構造を反映したデータ依存グラフを もとめる,配列の大域データフロー解析法を開発した. この解析法では,データ依存関係をループ独立依存, ループ運搬依存などに分類することができる. ここで, ループ独立依存とはプログラム中のループ内の文を1回実行する あいだに生じるデータ依存関係のことをいい,ループ運搬依存とは それを 2 回以上実行することによってはじめて生じる データ依存関係のことをいう. この解析法によって, 従来より強力なベクトル化や最適化ができるようになった.

研究テーマ紹介: ベクトル / 並列計算機のためのプログラミング言語処理

キーワード: プログラミング言語処理系, ベクトル化, ベクトル処理, 配列データフロー解析, スーパーコンピューティング, スーパーコンパイラ

コメントを投稿

About

1987-06-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36