« FORTRAN 最適化の強化: 多重ループ内の配列多重添字解析方式 | メイン | 大域配列データフロー解析法 »

ベクトル計算機による論理型言語プログラムの高速実行をめざして -- 各種 OR ベクトル実行方式の実現と性能 --

金田 泰, 情報処理学会プログラミング言語研究会, PL-87-12, 1987.

[ English page ]


要旨:
ベクトル計算機 (スーパ・コンピュータ) による論理型言語プログラムの
高速実行方式の研究の一部として,OR ベクトル実行方式 (一種の OR 並列実行
方式) の研究をおこなっている. OR ベクトル実行方式にはマスク演算方式,
インデクス方式,圧縮方式の 3 種類があるが,これらをそれぞれ詳細化し,
N クウィーン問題をとくプログラムに適用した. すなわち,原始プログラム
を論理型言語による中間語にプログラム変換したのち Fortran と Pascal とに
ハンド・コンパイルし,日立 S-810 による実行性能を測定した. その結果,
どの方式でも 8 クウィーン全解探索の時間は 20 ms 弱,大型汎用計算機の
8 ~ 9 倍の性能であり,ベクトル計算機における各実行方式の有望性が
確認できた.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

キーワード: 論理型言語, プログラミング言語処理系, 記号処理ベクトル化, ベクトル記号処理, 並列記号処理, スーパーコンピューティング, スーパー記号処理, 並列処理, ベクトル処理

コメントを投稿

About

1987-01-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36