« Compiling Algorithms and Techniques for the S-810 Vector Processor | メイン | FORTRAN 最適化の強化: 多重ループ内の配列多重添字解析方式 »

スーパー・コンピュータによる Prolog の高速実行

金田 泰, 第 26 回プログラミング・シンポジウム報告集, pp. 47-56, 1985.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル (2 MB) ]

要旨なし.

解説 : 並列計算機やスカラ処理のパイプライン計算機による Prolog の高速実行に 関してはおおくの研究があるが,この論文はいわゆるスーパー・コンピュータ すなわちベクトル型のパイプライン計算機によって論理型言語を高速化する ことをめざした最初の提案である. この論文は方式をしめしただけだが,その後の 研究によって一定の範囲のプログラムに関して,それが実現されている.

研究テーマ紹介: 論理 / 記号 ベクトル処理

キーワード: 論理型言語, プログラミング言語処理系, 記号処理ベクトル化, ベクトル記号処理, 並列記号処理, スーパーコンピューティング, スーパー記号処理, 並列処理, ベクトル処理

コメントを投稿

About

1985-01-01 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36