イーサネット・シミュレータを国際学会 ICOIN 2015 で発表してきた

この講義でつかっているイーサネット・シミュレータについての論文を書いて,国際学会 ICOIN 2015 で発表してきた. 査読者の評価がひくくて,口頭発表でなくポスターでしか採択されなかったが,好意的な意見もきくことができた.

シミュレータを自作した (シミュレータのプログラム) のは,ネットワークのシミュレータは多数あるがイーサネット・スイッチの動作を教育・学習するのに適切なものはみつけられなかったからだ. そして,論文を書くにあたっては一応シミュレータの評価をした. 講義している学生の数がすくないので統計的に意味のある結果はだせないが,一応,効果があるらしいという結果はでている.

ネットワークの学会でうけいれられてよい内容だといまでもかんがえているのだが,3 人の査読者の評価はいずれもよくなかった. あたっている部分もあるが,既存のシミュレータを利用せずにつくったことは評価をさげる方向にしかはたらいていないようだ. ほんとうは ns3 などの既存のシミュレータでつくるのとどれだけちがうかを評価できればよかったのだろうが,そこまではできなかった.

しかし,ここではポスターの 1 枚めをはっているときから好意的な評価をしてくれるひともいて,ありがたい. じっくり私の話をきいて,パブリック・ドメインにしているシミュレータの URL まできいてくるひともいる.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kanadas.com/mt504/mt-tb.cgi/4499

コメントする