メイン

シミュレーションと評価 アーカイブ

2008-05-24

ネットワークに関するあたらしい方法や機器を開発したとき,たとえば QoS 保証のためのあたらしい方法を開発したようなときには,それを評価する必要がある. 実運用されているネットワークで評価するのは困難なので,評価のためにはつぎのような方法がとられる.

つづき»

シミュレーションによってネットワークに関する QoS 保証法などの方法の評価をおこなうとき,ネットワーク・シミュレータが使用される. パケット・レベルでのシミュレーションのための代表的なネットワーク・シミュレータとして OPNET と ns-2 とがある.

つづき»

ネットワーク・シミュレーション法はそれが単位とするレベルによってパケット・レベルとフロー・レベルという 2 種類に分類される.

つづき»

TCP トラフィックのシミュレーションにおいてはウィンドウ制御機構もシミュレーションしなければならないため,大規模なシミュレーションは容易でない. そのため,現在でも TCP トラフィックの大規模シミュレーションのための方法はかならずしも確立されているとはいえないが,これに関してはつぎのような研究およびシミュレータがある.

つづき»

インターネットにおいてはしばしばトラフィックがバーストする現象が観察される. したがって,ネットワーク・シミュレーションや QoS 保証法の評価などにおいてもトラフィックのバースト性 (バーストのつよさ) を制御する必要がある. ここではバースト性をはかる指標についてのべる. (ただし,説明がながくなるのをさけるため,それらの指標の定義にはふれない.)

つづき»

2008-06-11

MMPP (Markov Modulated Poisson Process) はインターネットのトラフィックでみられるような,バースト性のあるトラフィックを生成するための方法のひとつである.

つづき»

WAN などにおけるネットワーク・トラフィックがもつ性質について考察する. とくに,従来,シ ミュレーションやネットワーク機器の性能測定などにおいてネットワーク・トラフィックをシミュ レートするときにひろくつかわれてきたポアソン分布を再検討する.

つづき»

LAN やインターネットにおけるパケット長の分布を調査した研究はいくつかある [Tho 97] [Fra 03] [Roo 04] が,これらにおいては大半のトラフィックが TCP だとかんがえられる. 利用可能な UDP の調査結果はすくない. しかし,Roon [Roo 04] は UDP に関しても分布 (累積度数分布) の例をし めしている (図 1). (ただし,これらが典型的な分布であるとはかならずしもいえない.)

つづき»

2008-10-30

IP トラフィックの統計的性質に関して記述した項目を列挙する.

つづき»

1013-06-240.jpg

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのようなものを デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

シミュレーションと評価 について

サブサイト「調査と解説」のカテゴリ「シミュレーションと評価」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはシステム / ネットワークの管理とその自動化です。

次のカテゴリはセキュリティです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36