メイン

省電力化のためのネットワークの予測と最適化 アーカイブ

2007-12-13

「ネットワーク負荷分散」 ということばは,負荷分散装置のようなネットワーク機器によってサーバやストレージの負荷分散をはかるときにも使用されるが,ここではネットワークやネットワーク機器における輻輳をさけるために,ネットワーク・インタフェースやネットワーク・リンク,経路などを分散させることを意味する. このようなネットワークにおける性能評価および最適化の技術は “トラフィック・エンジニアリング” [RFC 3272] とよばれている. トラフィック・エンジニアリングのためには様々な方法があるが,実用上は MPLS (Multi-Protocol Label Switching) [RFC 3031] を使用しておこなわれることがおおい. そのため,この項目においても MPLS によるトラフィック・エンジニアリング [RFC 2702] [RFC 3346] を中心にあつかう.

つづき»

2010-01-15

省電力化のためにネットワーク・トラフィックの最適設計をおこなう技術についてまとめる.

つづき»

2010-01-16

TBD
1013-06-240.jpg

方向指定 3D デザイン・印刷技術を使用してつくったこのようなものを デイシン Yahoo! Japan ショップで売っています.

省電力化のためのネットワークの予測と最適化 について

サブサイト「調査と解説」のカテゴリ「省電力化のためのネットワークの予測と最適化」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはネットワーク機器の省電力化です。

次のカテゴリは省電力化のためのネットワーク・トラフィック制御です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36