[ Top page ]

« LAN やインターネットにおけるパケット長の分布 | メイン | ATM におけるアドミッション制御 »

QoS 保証

アドミッション制御に関する標準化

IP ネットワーク関連のものにしぼって,アドミッション制御の標準を紹介する. IETF における RSVP や NSLP に関係する標準化動向と NGN に関係する ITU-T などの標準化動向についてのべる.

関連項目: アドミッション制御の概要

IETF におけるアドミッション制御

インターネットにおいてはもともとアドミッション制御の概念は存在しなかったが,QoS 保証がもとめられるようになって Integrated Services (IntServ) のわくぐみと RSVP とが開発され,RSVP を使用したアドミッション制御の機構 (プロトコル) として SBM (Subnet Bandwidth Manager) [Yav 00] (RFC 2814) が標準化された. しかし,現在でもアドミッション制御じたいに関して記述した RFC は RFC 2814 以外にはなく,アドミッション制御に関する標準としては ほかにアドミッション制御ポリシーに関する RFC 2750 があるだけである (情報提供 RFC (Informational RFC) は RFC 2753 をはじめとして数件あるが,それもすくない).

しかし,RFC として採択されなかったインターネット・ドラフトは, つぎのように多数ある.

  • Alexander らは IETF において音声・画像などの実時間トラフィックのための アドミッション制御の機構を提案した [Ale 05a]. ここでは明示的輻湊通知 (ECN, explicit congestion notification) [Ram 01] のしくみを RTP にいれ [Ale 05b],それを使用してアドミッション制御をおこなうことをめざしている.
  • De Faucheur ら [Fau 06] は RSVP を使用した PCN (pre-congestion notification) の機構によって,ネットワークが輻湊するまえに ネットワークの出口 (egress gateway) から入口 (ingress gateway) にシグナリングをおこない,それにもとづいてアドミッション制御を おこなう方法を提案している.
  • Briscoe らは PCN のしくみ [Bri 06b] とそれを使用したアドミッション制御のしくみ [Bri 06a] をより詳細に記述している.
  • Mayutan [May 06] は RSVP のかわりに NSLP を使用した PCN の機構によって,同様のアドミッション制御をおこなう方法を提案している. それに関連するドラフトとして,Arumaithurai は QoS-NSLP の QoS モデル (QoSM) を提案している [Aru 07].

これらの提案のうち,Alexander らによる提案がもっともはやく,この提案のあと 1 年強のあいだにのこりの大半のインターネット・ドラフトが提出されている. しかし,これらのインターネット・ドラフトはいずれも RFC にならないまま期限ぎれになっている.

NGN 標準におけるアドミッション制御

NGN 標準 (ITU-T) においては RACF がアドミッション制御を制御する. RACF の仕様である Y.2111 [ITU 06] には,高水準の仕様として, つぎのような内容がふくまれている.

アドミッション制御のためのシグナリング機能
QoS シグナリングのサポート (Q.Sup51). ここにはパスにおける予測性能にもとづくアドミッション制御の能力をふくんでもよい.
資源にもとづくアドミッション制御機能
ポリシー規則にもとづいて制御する.
サービス優先度情報の利用
サービス優先度情報を利用したアドミッション制御. サービス優先度情報のうけわたしもふくむ.

これらの内容は IETF 標準にそっているということができる.

参考文献

  • [Ale 05a] Alexander, C., Ed., Babiarz, J., and Matthews, J., "Admission Control Use Case for Real-time ECN", draft-alexander-rtecn-admission-control-use-case-00, Internet Draft, February 2005.
  • [Ale 05b] Alexander, C., Ed., Babiarz, J., "RTP Payload Format for ECN Probing", draft-alexander-rtp-payload-for-ecn-probing-02, October 2005.
  • [Arm 02] Armitage, G., Carpenter, B., Casati, A., Crowcroft, J., Halpern, J., Kumar, B., and Schnizlein, J., "A Delay Bound Alternative Revision of RFC 2598", RFC 3248, IETF, March 2002.
  • [Aru 07] Arumaithurai, M., "NSIS PCN-QoSM: A Quality of Service Model for Pre-Congestion Notification (PCN)", draft-arumaithurai-nsis-pcn-00, Internet Draft, September 2007.
  • [Bri 06a] Briscoe, B., Eardley, P., Songhurst, D., Le Faucheur, F., Charny, A., Babiarz, J., Chan, K., Dudley, S., Karagiannis, G., Bader, A., and Westber, L., "An Edge-to-Edge Deployment Model for Pre-Congestion Notification: Admission Control over a DiffServ Region", draft-briscoe-tsvwg-cl-architecture-04, Inter-net Draft, October, 2006.
  • [Bri 06b] Briscoe, B., Eardley, P., Songhurst, D., Le Faucheur, F., Charny, A., Liatsos, V., Babiarz, J., Chan, K., Dudley, S., Karagiannis, G., Bader, A., and Westber, L., "Pre-Congestion Notification marking", draft-briscoe-tsvwg-cl-phb-03, Internet Draft, October, 2006.
  • [Fau 06] Le Faucheur, F., Charny, A., Briscoe, B., Eardley, P., Barbiaz, J., Chan, K., "RSVP Extensions for Admission Control over DiffServ using Pre-congestion Notification (PCN)", draft-lefaucheur-rsvp-ecn-01, Internet Draft, June 2006.
  • [ITU 06] ITU-T, "Resource and Admission Control Functions in Next Generation Networks", Y.2111, September 2006.
  • [May 06] Mayutan, A., "NSIS-PCN : NSIS Extensions for Admission Control over DiffServ using Pre-congestion Notification (PCN)", draft-mayutan-nsis-pcn-00, Internet Draft, April 2007.
  • [Ram 01] Ramakrishnan, K., Floyd, S., and Black, D., "The Addition of Explicit Congestion Notification (ECN) to IP", RFC 3168, IETF, September 2001.
  • [Yav 00] Yavatkar, R., Hoffman, D., Bernet, Y., Baker, F., and Speer, M., "SBM (Subnet Bandwidth Manager): A Protocol for RSVP-based Admission Control over IEEE 802-style Networks", RFC 2814, IETF, May 2000.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36