[ Top page ]

« バースト性をはかる指標 | メイン | ビデオ・プロキシ (RTSP プロキシ) [未完] »

インターネットのプロトコル

RTT よりみじかい時間スケールでは単純な自己相似モデルからはずれる TCP トラフィック

インターネットのトラフィックには自己相似性 [Dan 98] があることが指摘されている [Lel 94]. ここからインターネットのトラフィックは heavy-tailed であること,長時間依存性があることなど [Dan 98] が帰結される. しかし,通常の自己相似性がなりたつ,すなわちトラフィックが monofractal な性質をもつのは RTT (round-trip time) をこえる時間領域であり,それよりみじかい領域ではそこからはずれることが指摘されている [Jia 04] [Dan 03].

Zhang ら [Zha 02] [Zha 03] や Karagiannis ら [Kar 04] は 0.1 秒未満の領域 (RTT 未満の領域) ではトラフィックは独立とみなせると主張している. それに対して,Trang Dihn Dang ら [Dan 03] は RTT をこえる領域ではトラフィックは monofractal だがそれ以下の領域では multifractal だ (つまり,バースト性があり,より複雑な性質をしめす) と主張している.

参考文献

  • [Dan 98] Dang, T.-D., Molnár, S., and Vidács, A., “Investigation of Fractal Properties in Data Traffic”, Budapest University of Technology and Economics, 1998.
  • [Dan 03] Dang, T.-D., Molnar, S., and Maricza, I., “Some Results on Multiscale Queueing Analysis”, 10th Int'l Conference on Telecommunications (ICT 2003). Vol. 2, pp. 1631-1638, March 2003.
  • [Jia 04] Jiang, H., and Dovrolis, C., “The Origin of TCP Traffic Burstiness in Short Time Scales”, Center for Experimental Research in Computer Systems, Gorgia Tech, CERCS Technical Reports, GIT-CERCS-04-09, 2004.
  • [Kar 04] Karagiannis, T., Molle, M., Faloutsos, M., and Broido, A., “A Nonstationary Poisson View of Internet Traffic”, 23rd AnnualJoint Conference of the IEEE Computer and Communications Societies (INFOCOM 2004), Vol. 3, pp. 1558–1569, March 2004.
  • [Lel 94] Leland, W. E., Willinger, W., Taqqu, M. S., and Wilson, D. V., “On the Self-similar Nature of Ethernet Traffic”, Computer Communication Review, Vol.23, No.4, pp. 183-193, October 1993.
  • [Zha 02] Zhang, Z.-L., Rebeiro, V., Moon, S. B., and Diot, C., “Impact of Aggregation on Scaling Be-haviors of Internet Backbone Traffic”, SPIE ITCom 2002 Conference on Scalability and Traffic Control in IP Networks, Boston, MA, July 2002.
  • [Zha 03] Zhang, Z.-L., Ribeiro, V. J., Moon, S. B., and Diot, C., “Smalltime Scaling Behaviors of Inter-net Backbone Traffic: An Empirical Study”, IEEE INFOCOM 2003, pp. 1826–1836, 2003.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36