[ Top page ]

« RTT よりみじかい時間スケールでは単純な自己相似モデルからはずれる TCP トラフィック | メイン | TCP / UDP とトラフィックの自己相似性 »

QoS 保証, インターネットのプロトコル

ビデオ・プロキシ (RTSP プロキシ) [未完]

ファイアウォールや NAT をこえてビデオなどのストリーミングをおこなうためにはプロキシが必要 である.また,ストリーミングによって占有されるネットワーク帯域をへらして QoS を確保するた め,プロキシが使用される. このように,従来,ストリーミング・プロキシのおもな機能はファイ アウォールごえ / NAT ごえとキャッシングだとかんがえられてきた.

参考: http://linux.softpedia.com/get/Internet/Proxy/rtspd-579.shtml

プロキシの実装

ファイアウォールをこえることをおもな目的として,つぎのようなプロキシが開発されてきた.

RTSP Proxy Kit [Rea 98]
もとは RealNetworks によって提供されていたが,現在そのホームページ (http://www.rtsp.org/2001/proxy/) は閉鎖されているようである.SourceForge.net において RTSP Proxy Kit (osrtspproxy 2.0) が提供されている.インストール上の注意が ryoblog (http://umb.at.webry.info/200506/article_3.html) にある.
Firewall PNA Proxy Kit
...
Darwin Streaming Proxy
http://docs.info.apple.com/article.html?artnum=106306-ja
RTSP Proxy 3.0
http://rtspproxy.berlios.de/ . The current version is a complete rewrite from scratch in Java of previous versions based on C++.
RTSP Caching Proxy 3.0
Matteo Merli による OSS (GPL) (for Linux)

研究

Gruber ら [Gru 00] は RTSP を使用したストリーミング・プロキシについて検討し,シミュレー ションをおこなっている.

Xiaolan Zhang ら [Xia 04] は汎用でモジュラーなストリーミング・サービス用のプロキシ AMPS を 開発している. AMPS はとくにキャッシングのために最適化されているわけではないとかんがえられる.

Technische Universitat Darmstadt の Multimedia Communication Laboratory (KOM) においては KOM-proxyd という各種のマルチメディア・プロトコルのためのプロキシを開発している. RTSP プ ロキシも構想にはいっているが,version 1.0.4 にはまだふくまれていない.

参考文献

  • [Gru 00] Gruber, S., Rexford, J., and Basso, A., “Protocol Considerations for a Prefix-caching Proxy for Multimedia Streams”, 9th Int’l World Wide Web Conference, Amsterdam, 2000.
  • [Rea 98] RealNetworks, Inc., “Using RTSP with Firewalls, Proxies, and Other Intermediary Network Devices”, Version 2.0/rev.2, 1998, http://docs.real.com/docs/proxykit/rtspd.pdf .
  • [Xia 04] Xiaolan Zhang, Bradshaw, M. K., Yang Guo, Bing Wang, Kurose, J., Shenoy, P., and Towsley, D., “AMPS: A Flexible, Scalable Proxy Testbed for Implementing Streaming Services”, 14th Int’l Workshop on Network and Operating System Support for Digital Audio and Video (NOSSDAV’04), pp. 116–121, June 2004.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36