[ Top page ]

« ホーム・ゲートウェイ | メイン | 遠隔管理のためのフレームワークやプロトコル »

インターネットのプロトコル

トンネリングによる IPv4 から IPv6 への移行 [未完]

ネットワークを IPv4 から IPv6 に移行させるには,通常,10 年ちかい時間が必要だとかんがえられる. この移行期間の序盤においては,ネットワーク機器をふくめて IPv4 によって通信する機器が多数であるのに対して,終盤においてはネットワーク機器はもちろん端末機器も IPv6 によって通信する機器が多数になる. そのため,トンネリングにおいても序盤では IPv6 over IPv4 のトンネルを使用するのが効率的であるのに対して,終盤においては IPv4 over IPv6 のトンネルを使用するのが効率的だとかんがえられる. 移行のためには,トンネルによらない変換による方法もあるが,ここではとりあげない.

IPv6 over IPv4 のトンネリング

[TBD] 6to4, ISATAP, Teredo, 6over4.

IPv4 over IPv6 のトンネリング

DSTM (デュアル・スタック移行機構

参考文献

  • [Esa 07] 江崎 浩 監修, "IPv6 教科書", インプレス R & D, 2007.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36