[ Top page ]

« ポリシー制御のための下位インタフェースに関する標準化 | メイン | ポリシー記述言語に関する研究開発 »

ポリシーベース制御・管理

ポリシーの種類

F5 社 [F5 01] によれば,インターネットにおけるポリシーにはつぎのような種類があるという.

1. サーバ・ポリシー

サーバに関してはつぎのようなポリシーがある (F5 社の製品 BIG/ipTM によって設定することができる).

レート・シェイピング・ポリシー (rate shaping policies)
ユーザにわりあてるサーバの帯域 (をきめるポリシー).
負荷分散ポリシー (load balancing policies)
静的または動的な負荷分散の方法を指定するポリシー.
持続性ポリシー (persistence policies)
サーバ負荷分散において,特定のユーザは同一のサーバに接続できるようにするためのポリシー.
セキュリティ・ポリシー
条件をみたすトラフィックだけがサーバにアクセスできるようにするポリシー.

2. ネットワーク・ポリシー

IDC 間の負荷分散のため,ドメイン名を IP アドレスに変換する際に,ユーザがいる地域に応じて DNS (Domain Name System) がもよりの IDC にあるサーバの IP アドレスに変換する方法がとられている. この DNS による大域的な負荷分散のために,ポリシーによってつぎのようなを設定をすることができる (F5 社の製品 3DNSTM によって設定することができる).

  • 地域とサイト (IDC) とを関係づける.
  • 主サーバがつかえないときのバックアップ・サーバを指定する.
  • ホップ・カウントを制限したり,それが最小のサイトにつなぐ.
  • 周回時間 (round trip time) の計測値が最小のサイトにつなぐ.
  • パケットの欠落やタイムアウトが最少のサイトにつなぐ.

あとの 3 つは計測値にもとづく動的なポリシーである.

3. コンテンツ/アプリケーション・ポリシー

コンテンツを複数のサーバやサイトに分散させたり,それをいつ実行するかをきめたりすることができる. 規則をつかって個々に指定することもでき,一括で指定することもできる (F5 社のソフトウェア製品 global/SITETM によって設定することができる).

参考文献

  • [F5 01] F5 Products Deliver Support and Enforcement of Internet Policy Management, White Paper, F5 Networks, March 2001. (日本語版: F5 製品の提供するインターネットポリシー管理のサポート及びエンフォースメント, White Paper, F5 Networks, March 2001.)
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36