[ Top page ]

« ポリシー記述言語に関する標準化 | メイン | ポリシー制御のための下位インタフェースに関する標準化 »

ポリシーベース制御・管理

ポリシー制御のための上位インタフェースに関する標準化

以下の記述は 2003 年時点でのものです.

上位インタフェースに関する標準化動向として,つぎのような項目をあげることができる.

CORBA (Common Object Request Broker Architecture)

CORBA はネットワーク上に分散されたプログラムをつなぐための分散オブジェクト指向アーキテクチャであり,Object Management Group (OMG) において標準化がすすめられている. 現在の最新版は 2001 年 2 月の CORBA 2.4.2 [x] である. 1999 年にはオブジェクトをコピーしてわたすしかけなどをふくむ CORBA 3 がアナウンスされたが,まだその仕様はしめされていない. CORBA はプログラミング言語非依存のアーキテクチャであり,これを各種の言語とつなぐためにインタフェース記述言語 (Interface Definition Language, IDL) が言語ごとに定義されている. C, C++, Java, Ada, COBOL, PL/I, Lisp などのための IDL が定義されている. 管理サーバ,アプリケーション,GUI などとポリシーサーバとのあいだでポリシーをやりとりする際には,オブジェクトであるポリシーをコピーしてわたすのが自然なモデルだとかんがえられる. したがって,オブジェクトをコピーしてわたすことができない現在の CORBA にはこの点で限界がある.

CIM (Common Information Model)

CIM は DMTF (Desktop Management Task Force) [DMT 99] において標準化が推進されている,実装に依存せず汎用性がある情報モデルである. ネットワーク,アプリケーション,ポリシーなどに関する情報モデルがふくまれている. ただし,ネットワークやアプリケーションにおける情報は多岐にわたるので,まだそのなかのかぎられた部分しか規定されていない. CIM は UML にもとづくオブジェクト指向モデルだが,現在のところ UML とはちがってオブジェクトに対してメソッドを定義することができない. この点で,上記の CORBA と同様の限界がある.

LDAP (Light-weight Directory Access Protocol)

LDAP は ITU-T 標準 X.500 [x] に準拠したディレクトリをアクセスするためのプロトコルであり,RDB など他の形式のデータベースとくらべると高速よみだし可能であることが特徴である. ポリシーを格納したデータベースから多数のポリシーサーバ (PDP) に配布する際には高速性が重要であり,LDAP はその要求をみたすプロトコルだとかんがえられている [x].

XML (拡張マークアップ言語,Extended Markup Language)

XML はマークアップ言語 (テキストに “<”, “>” でかこまれたタグをうめこんで構造化したり情報をうめこんだりするための言語) である SGML と HTML の長所をかねそなえたマークアップ言語であり,W3C において標準化されている [W3C 00]. Openview/JP1 PolicyXpert をはじめ,いくつかのポリシーサーバや他の種類の管理サーバがアプリケーションとのあいだのインタフェースの一方法として XML を提供している. ネットワーク機器に大量の設定情報をおくりこむためのインタフェースとしては処理負荷がおもすぎるとかんがえられるのでここでは上位インタフェースに分類しているが,CDN においてはネットワーク機器へのポリシー設定のための標準にもつかわれようとしている.

Java

Java はインターネット上でのプログラムのオンデマンド配布を意図して Sun Microsystem が開発したプログラミング言語である. 現在はプログラムを固定的に使用する WWW サーバなどにおいても使用されている.

参考文献

  • [DMT 99] Desktop Management Task Force: Common Information Model (CIM) Specification, Version 2.2, June, 1999.
  • [W3C 00] Extensible Markup Language (XML) 1.0 (Second Edition), W3C Recommendation 6, October 2000, http://www.w3.org/TR/2000/REC-xml-20001006.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36