[ Top page ]

« ポリシー情報モデルに関する標準化 | メイン | ポリシー制御のための上位インタフェースに関する標準化 »

ポリシーベース制御・管理

ポリシー記述言語に関する標準化

以下の記述は 2003 年時点でのものです.

ポリシー記述言語に関してつぎのような標準化提案がされている.

ポリシー・フレームワーク定義言語 PFDL (Policy Framework Definition Language)

IETF にはポリシーを記述するための言語もいくつか提案され,標準化されているものもある. IETF Policy Framework WG においては ’98 年に PFDL [Str 98] が提出された. しかし,ポリシー情報モデルをさきにかためるという決定がなされ,現在 PFDL の標準化はたなあげされたままになっている. したがって,現在のところ影響力はない.

ルーティング・ポリシー仕様記述言語 RPSL (Routing Policy Specification Language)

唯一,標準化がすすんでいるのが RPSL である. RPSL はポリシー・ルーティング [Bat 95] におけるルーティング規則を記述するための言語である. ルーティング・ポリシーを記述するための言語としては RPSL のまえに RIPE-81 [Bat 93], RIPE-181 [Bat 94], RIPE-1786 [Bat 95] という言語も存在した.

IPSec 設定ポリシーのための言語 SPSL (Security Policy Specification Lauguage)

SPSL [Con 00] も 2000 年に IETF IPSP WG において議論されたが,現在これに関する有効なインターネット・ドラフトは存在しない.

IRML (Intermediary Rule Markup Language)

コンテンツ配布ネットワーク (CDN) におけるプロキシなど (proxylet) の intermediary services を制御するための規則の記述言語として,IRML [Bec 01] [Yan 01] が IETF OPES BOF に提案されている. この言語はポリシー情報モデルとは直接の関係がないまま議論されているが,CDN におけるポリシーを記述する言語だと理解することができる. また,規則の形式も 条件-動作 型である. QoS や IPsec のポリシー管理とはちがって,ポリシー規則の所有者とその実行でつかわれる proxylet のベンダとのあいだの信頼関係の管理 (trust management) が重視されている点に特徴がある.

PICSRules

PICS (Platform for Internet Content Selection) [W3C 97] は有害な WWW ページへのアクセスをクライアント側で制御するためのわくぐみであり,PICSRules はそのための URL アクセス・ポリシー記述言語である. 1997 年 12 月に PICSRules 1.1 が W3C Recommendation となった. クライアントごとに自由にポリシーをきめられることをめざしているので,集中管理型のポリシーサーバとの直接の関連はないとかんがえられる. 以上の言語はすべて仕様記述をおもな目的としていて,宣言型の言語である. しかし,つぎのような手続き型の言語も提案されている.

IP 計測用手続き型言語 SRL (Simple Ruleset Language)

SRL (Simple Ruleset Language) は IETF RTFM WG において議論された IP 計測を実現するための,規則集合を生成する手続き型言語である. SRL の仕様 [Bro 99] は informational RFC として提出されている (すなわち,標準書ではない).

参考文献

  • [Bat 93] Bates, T., Jouanigot, J-M., Karrenberg, D., Lothberg, P., and Terpstra, M., “Representation of ip routing policies in the ripe database”, Technical Report ripe-81, RIPE, RIPE NCC, Amsterdam, Netherlands, February 1993.
  • [Bat 94] Bates, T., Gerich, E., Joncheray, L., Jouanigot, J-M., Karrenberg, D., Terpstra, M., and Yu, J., “Representation of ip routing policies in a routing registry”, Technical Report ripe-181, RIPE, RIPE NCC, Amsterdam, Netherlands, October 1994.
  • [Bat 95] Bates, T., Gerich, E., Joncheray, L., Jouanigot, J-M., Karrenberg, D., Terpstra, M., and Yu, J., “Representation of IP Routing Policies in a Routing Registry”, RFC 1786, IETF, March 1995.
  • [Bec 01] Beck, A., and Hofmann, M., “IRML: A Rule Specification Language for Intermediary Services”, draft-beck-opes-irml-00.txt, Internet Draft, IETF, February 200.
  • [Bro 99] Brownlee, N., “SRL: A Language for Describing Traffic Flows and Specifying Actions for Flow Groups”, RFC 2723, IETF, October 1999.
  • [Con 00] Condell, M., Lynn, C., and Zao, J., “Security Policy Specification Language”, draft-ietf-ipsp-spsl-00.txt, Internet Draft, IETF, March 2000.
  • [Str 98] Strassner, J., and Schleimer, S., “Policy Framework Definition Language”, draft-ietf-policy-framework-pfdl-00.txt, Internet Draft, IETF, November 1998.
  • [W3C 97] PICSRules 1.1, W3C Recommendation 29, REC-PICSRules-971229, Dec 1997, http://www.w3.org/TR/REC-PICS-services.
  • [Yan 01] Yang, L., Hofmann, M., “OPES Architecture for Rule Processing and Service Execution”, draft-yang-opes-rule-processing-service-execution-00.txt, Internet Draft, IETF, February 2001.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36