[ Top page ]

« ポリシーの要求と配布 -- COPS | メイン | セッション制御における登録・発見機能と DNS, DDDS »

セッション制御:SIP, ポリシーベース制御・管理

SIP におけるポリシーベース管理

2003 年 4 月に発行された情報的 RFC である RFC 3521 (L-N. Hamer, B. Gage, H. Shie: Framework for Session Set-up with Media Authorization) においては,SIP を使用したセッションにおける資源の管理 (認可など) をポリシーに基づいて行う方法について記述されている.

もっとも単純なシステム構成の例を前記の RFC 3521 から引用する (図1).

                                                   +--------+
      +------+                                     |        |
      |      |   1     +--------------------+    2 |        |
      |      |-------->| Session Management |----->|        |
      |      |<--------|      Server        |<-----|        |
      |      |   4     +--------------------+    3 |        |
      | End  |                                     | Policy |
      | Host |                                     | Server |
      |      |                                     |        |
      |      |   5     +--------------------+   6  |        |
      |      |-------->|        Edge        |----->|        |
      |      |<--------|       Router       |<-----|        |
      |      |   8     +--------------------+    7 |        |
      +------+                                     |        |
                                                   +--------+
図1 SIP における単純なポリシー管理アーキテクチャ

この図の場合,端末 (End Host) はセッション管理サーバ (Session Management Server) との間でセッション管理プロトコル (たとえば SIP) による通信をおこない,RSVP によるメッセージや目的のデータ (たとえばメディア・ストリーム) をエッジルータ (Edge Router) を介して通信相手と通信する.セッション管理サーバとエッジルータはいずれもポリシーサーバからポリシーを受け取り,それにもとづいてこれらの通信を制御する.たとえば,図の 6, 7 においては COPS-RSVP プロトコルにもとづく通信が行われる.この図においてはポリシーサーバは 1 個だけ使用しているが,セッション管理とデータ通信とを異なるポリシーサーバで管理するモデルも記述されている.

2003 年 4 月に発行された IETF 標準である RFC 3520 (L-N. Hamer, B. Gage, B. Kosinski, H. Shieh: Session Authorization Policy Element) においては,RFC 3521 において示されたモデルにおいて,RSVP で使用するべきセッションの認可に関するポリシー要素を定義している.ここで定義された要素は 2000 年 1 月に発行された RFC 2750 (S. Herzog: RSVP Extensions for Policy Control) において定義された RSVP の拡張とともに使用する.

Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36