[ Top page ]

« 資源管理と SIP | メイン | SIP における負荷の管理 »

セッション制御:SIP

SIP による優先度制御

2003 年 2 月に発行された情報的 RFC である RFC 3487 (H. Schulzrinne: Requirements for Resource Priority Mechanisms for the Session Initiation Protocol (SIP)) においては,SIP を使用した緊急通信のために SIP メッセージにおいて優先度を指定する機構に関する要求が記述されている. これにもとづいて,2003 年 7 月に発行されたインターネット・ドラフト draft-ietf-sip-resource-priority-01 (H. Schulzrinne, J. Polk: Communications Resource Priority for the Session Initiation Protocol (SIP)) においては,SIP メッセージに Resource-Priority: と Accept-Resource-Priority: という 2 種類のヘッダを新設することによって優先度の記述を可能にしている.

前記の draft-ietf-sip-resource-priority-01 から単純な例を引用する. まず,この例におけるシーケンスは図 1 のとおりである.

      User A                  User B
        |                        |
        |       INVITE F1        |
        |----------------------->|
        |    180 Ringing F2      |
        |<-----------------------|
        |                        |
        |       200 OK F3        |
        |<-----------------------|
        |         ACK F4         |
        |----------------------->|
        |   Both Way RTP Media   |
        |<======================>|
        |                        |
図 1 優先度制御をともなう SIP シーケンス

ここで INVITE メッセージ F1 の内容は次のとおりである.

      INVITE sip:UserB@biloxi.com SIP/2.0
      Via: SIP/2.0/TCP client.atlanta.com:5060;branch=z9hG4bK74bf9
      Max-Forwards: 70
      From: BigGuy ;tag=9fxced76sl
      To: LittleGuy 
      Call-ID: 3848276298220188511@atlanta.com
      CSeq: 1 INVITE
      Resource-Priority: dsn.flash
      Contact: 

      Content-Type: application/sdp
      Content-Length: ...

このメッセージには Resource-Priority: ヘッダが含まれている. このヘッダにおいて dsn は名前空間をあらわし,flash が優先度をあらわす.

Ringing メッセージ F2 には Resource-Priority: ヘッダは含まれないが,OK メッセージ F3 には次のように Resource-Priority: ヘッダが含まれる.

      SIP/2.0 200 OK
      Via: SIP/2.0/TCP client.atlanta.com:5060;branch=z9hG4bK74bf9
       ;received=192.0.2.101
      From: BigGuy ;tag=9fxced76sl
      To: LittleGuy ;tag=8321234356
      Call-ID: 3848276298220188511@atlanta.com
      CSeq: 1 INVITE
      Resource-Priority: dsn.flash
      Contact: 
      Content-Type: application/sdp
      Content-Length: ...

SIP メッセージに優先度を記述することによって,オンデマンドで DiffServ (Differentiated Services, 差別化サービス) の設定をおこなうことが可能になる.

Keywords: 優先度制御, 優先制御

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36