[ Top page ]

« QoS 制御のための基本概念 | メイン | SCORE (Stateless Core) »

QoS 保証

RSVP にかわるプロトコルの開発

IntServ と RSVP においてのべたように,RSVP (Resource ReSerVation Protocol, 資源予約プロトコル) にはスケーラブルでないことなど,いくつか問題点がある. そのため,RSVP にかわるべきいくつかのプロトコルが提案されてきた. ここではそれらのプロトコルについて説明する.

IntServ (Integrated Services, 統合サービス) の問題点のうち,RSVP に起因する部分を解決するために,さまざまなプロトコルが提案されてきた.

ST-II (The Internet Stream Protocol, version 2) [Top 90]
RSVP にさきだって開発されたプロトコルであるが,RSVP とはちがって送信者が最初のメッセージを送信した (sender-initiated).
YESSIR (YEt another Sender Session Internet Reservations) [Pan 98]
ST-II と同様に送信者が最初のメッセージをおくるプロトコルであり,RTCP の拡張である.
Boomerang [Feh 99]
ICMP (Internet Control Message Protocol, インターネット制御通知プロトコル) とともに使用する.

Manner ら [Man 05a] はこれらのプロトコルを解析し比較している. 上記のプロトコルのうち RSVP 以外は標準化されていないが,IETF の NSIS ワーキンググループにおいては,この解析結果にもとづいてつぎのようなあらたなプロトコルを標準化しつつある.

QoS-NSLP
Badler ら [Bad 05] は,RSVP の問題点すなわちつねに受信者が最初のメッセージをおくらなければならない,メッセージの伝達がおそい,階層的なネットワーク (たとえば DiffServ とのくみあわせ) に使用しにくいといった問題点を解決するため,NSIS WG (IETF Next Step In Signaling Working Group) におけるシグナリング・プロトコルである NSLP (NSIS Signaling Layer Protocol) の一部として QoS-NSLP [Man 06] を提案している. QoS-NSLP はさまざまな種類の QoS 保証に対応するため,QoS 仕様記述法の部分を QSPEC Template [Ash 06a] として分離している.

QoS-NSLP については ??? 節においてよりくわしくのべる.

参考文献

  • [Ash 06a] Ash, J., Bader, A., and Kappler, C., “QoS NSLP QSPEC Template”, draft-ietf-nsis-qspec-10, Internet Draft, IETF, June 2006.
  • [Bad 05] Báder, A., Karagiannis, G., Westberg, L., Kappler, C., Phelan, T., Tschofenig, H., and Heijenk, G., “QoS Signaling Across Heterogeneous Wired/Wireless Networks: Resource Management in DiffServ Using the NSIS Protocol Suite”, 2nd Int'l Conference on Quality of Service in Heterogeneous Wired/Wireless Networks (QShine'05), pp. 51-51, Aug. 2005.
  • [Feh 99] Feher, G., Nemeth, K., Maliosz, M., Cselenyi, I., Bergkvist, J., Ahlard, D., and Engborg, T., “Boomerang - A Simple Protocol for Resource Reservation in IP Networks”, IEEE Workshop on QoS Support for Real-Time Internet Applications, June 1999.
  • [Man 05a] Manner, J. and Fu, X., “Analysys of Existing Quality-of-Service Signaling Protocols”, RFC 4094, IETF, May 2005.
  • [Man 06] Manner, J., ed., Karagiannis, G. and McDonald, A., “NSLP for Quality-of-Service Signaling”, draft-ietf-nsis-qos-nslp-11, Internet Draft, IETF, June 2006.
  • [Pan 98] Pan, P. and Schulzrinne, H., “YESSIR: A Simple Reservation Mechanism for the Internet”, Network and operating System Support for Digital Audio and Video (NOSSDAV'98), July 1998.
  • [Top 90] Topolcic, C., Ed., “Experimental Internet Stream Protocol, Version 2 (ST-II)”, RFC 1190, IETF, October 1990.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36