[ Top page ]

« 情報通信技術によるオフィス・コミュニケーションの課題解決 | メイン | 閉鎖型コミュニケーションの分析 »

ワークプレイス

“仮想の組織” を支援するツールやミドルウェアに関する研究

物理的なオフィスや法律的な会社組織にしばられない “仮想の組織” を支援するツールやミドルウェアなどに関する従来の研究についてのべる.

既存のツールの利用に関する分析として,たとえば Carroll ら [Car 96] がある. 企業秘密などの問題から企業間の仮想の組織の分析は困難だとかんがえられる. これらの研究は公的な組織に関するものであるが,定量的な分析がおこなわれている.

また,Foster ら [Fos 01] は Grid [Fos 99] によって仮想の組織をささえる方法を提案し,仮想の組織をささえる具体的なサービスとして VOMS (The Virtual Oerganization Membership Service) [Alf 03] や CAS (The Community Authorization Service) [Fos 03] などが開発されている.

参考文献

  • [Alf 03] Alfieri, et al., “VOMS: an Authorization System for Virtual Organizations”, 1st European Across Grids Conference, February 2003, http://grid-auth.infn.it/.
  • [Car 96] Carroll, J. M., and Rosson, M. B., “Developing the Blacksburg Electronic Village”, Communications of the ACM, Vol. 39, No. 12, pp. 69–74, 1996.
  • [Fos 99] Foster, I., and Kesselman, C., “The Grid: Blueprint for a New Computing Infrastructure”, Morgan Kaufmann, 1999.
  • [Fos 01] Foster, I., Kesselman, C., and Tuecke, S., “The Anatomy of the Grid Enabling Scalable Virtual Or-ganizations”, International Journal: Supercomputer Applications, 2001.
  • [Fos 03] Foster, I., Kesselman, C., Pearlman, L., Tuecke, S., and Welch, V., “The Community Authorization Service: Status and Future”, Computing in High Energy and Nuclear Physics (CHEP 03), 2003.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36