[ Top page ]

« 初期反射の計算法 | メイン | 3D オーディオにおけるユーザの動作 [未完] »

音響

3D オーディオと空気吸収

約 3 kHz 以上の音は空気によって吸収される. すなわち,空気はゆるいローパスフィルタとして作用し,それによって距離によってスペクトルが変化する. 吸収量は距離に比例し,温度や湿度によって変化する. 空気による音の吸収 (air absorption) については Kuttruf [Kut 00] が詳細にのべているが,その吸収特性は ISO 標準 [ISO 93] として規定されている. Creative Technology 社の EAX をはじめ,音声 3D 化をおこなうおおくのシステムにおいては空気吸収のシミュレーションをおこなっている.

参考文献

  • [ISO 93] ISO 9613-1. Acoustics — Attenuation of Sound During Propatation Outdoors — Part 1: Calculation of the Absorption of Sound by the Atmosphere, pp. 377–385.
  • [Kut 00] Kuttruff, H., “Room Acoustics”, 4th Edition, Taylor & Francis Group, 2000.
Keywords:

コメントを投稿

Powered by
Movable Type 3.36